リサイクルすることで得られるメリットとデメリットを伝えるサイト

ゴミで溢れかえる時代

リサイクルとは何のことか

日本では「リサイクル」という、カタカナ五文字ばかりが知れ渡っています。
しかし、実際はどのような意味なのか理解していないと、リサイクルしよう、と言われても何をしたらいいのか分かりませんよね。

リサイクルは、英語表記では「recycle」と書きます。
意味は、使用し終わった製品を再資源化することで、新しい製品に作り直して利用することです。
例えば、ペットボトルから、糸の繊維に作り変えることで、Tシャツを作ることができる技術が存在しますが、それがいわゆる「リサイクル」です。
このように使い終わった物から新しい物を生み出すことで、最終的にゴミとして埋め立てられるものを減らせる可能性を持っているのがリサイクルなのです。

3Rを知っていますか

「リサイクル」という言葉は有名ですが、意外と知られていないのが「3R」です。
3Rは聞いたことがあっても、何のことか説明できない方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

3Rとは、三つのR、ということはお分かりになると思います。
1つ目のRは「リユース」です。
英語表記では「reuse」で、再使用する、という意味です。
2つ目のRは「リデュース」です。
英語表記では「reduce」で、ゴミになる物の発生を減らす、という意味です。
3つ目のRは「リサイクル」です。
リサイクルの意味は前述しましたね。

また、最近では、リサイクルや3Rなどの教育が浸透しています。
学校教育で、環境問題についてや、資源を大切にしよう、といった指導が行われているのです。