リサイクルすることで得られるメリットとデメリットを伝えるサイト

リサイクルのメリットとは

メリットが沢山

まず、「ゴミの減量になる」ということが挙げられます。
例えば、家庭ゴミの内、食品トレイ、牛乳パック、ペットボトル、チラシ、プラスチックなどは、基本的にリサイクルをして良いものです。

上記のゴミをリサイクルしなかった場合、普通ゴミとして焼却処分されるのは想像に難くないと思います。
ゴミを焼却処分するためには、大量の燃料を消費することはご存知でしょうか。
燃料を沢山使うというだけでも、十分環境にはよくありません。
また、焼却すると、二酸化炭素やその他、いろいろな有害物質が出るので、空気を汚染してしまいます。
そして、燃やして出たカスなどのゴミ、燃やせなかったゴミが、最終処分場に埋められるのです。
最終処分場は広いですが、それもゴミが沢山あればすぐに全て埋まってしまいます。

リサイクルをすれば、少しでもゴミを減らせるので、最終処分場を長く利用できるよう貢献することができます。

資源を活用

次に、「資源を節約できる」ということが挙げられます。

現在、地球上に存在する資源は、人類の資源を利用するペースがずっと今のままである場合、数十年で枯渇すると言われています。
人は普段、あまり資源というものを気にすることはないと思いますが、資源は無限ではなく、限りあるものなのです。
いつかはなくなってしまうものなのに、大切に使わなければ、更になくなるスピードは加速するでしょう。
資源はなくなってしまったら、我々人間は生きていけません。

そこで、リサイクルをすれば、ゴミになって二度と使用できなくなるはずの物が、再資源として再び製品になることができます。
そうすれば、資源の減るスピードを抑えることが可能になるのです。